学校案内
教育方針
デザイン・パターン・ソーイング 三部門で実力を養成!
ファッションを見つめる目、ファッションを創り出す手、ファッションを追求する心。 このような若い女性が、心あたたまる家庭的な本学のムードの中で将来のために努力をして います。めまぐるしい発展を続けるファッション界にあって、デザインどおりの服を作る にはドレメ式、 文化式等の式を超越した作図が必要です。 既成の作図の長所を集め応用のきく作図・・・と 実習研究の結果出来上がったのが本校の 作図です。何式よりは体型の合わせ方、デザインを生かした裁断と縫製等、経験豊かな 指導者の技術に よって、プロの道へと育っております。 県下唯一の産・学一致のプロ養成校であると共に専門学校として技術技能教育を通して 人間性豊かな人材をも養成していきたいと念じています。
特色
「素直」「勤勉」「誠実」を洋裁教育の柱として60年の伝統を持ち、デザイン、パターン、 ソーイング3部門の実力養成校と定評があります。
毎年、各地のファッションコンテストに専門、高等課程とも、仲良く入選、入賞しています。 ファッションコンテスト入選者には、入選デザイン画に合った本人の希望する入選作品制作用 布地が学校から贈与されます。

服飾デザイン指導担当のデザイナー中川眞知子は、 平成13年11月 大阪府知事よりデザイン振興表彰を受けました。
被服学、デザイン学、服装史など理論教育に平行して実習教育にも重点をおき、各自にミシン 1台が使えるよう設備を充実しています。
ファッション性の必要な今日、実技の上にたった理論を生かせる本校の学生(専門課程)は大学、 短大の服飾科、家政科以上に就職の機会は万全です。
本校の専門課程ファッションスペシャリスト科卒業者は、文部大臣告示 (平成6年文部省告示第84号)により専門士の称号を与えられ、ファッションスペシャリスト科 の卒業者には称号授与書も授与されます。
高等課程の教育も高校の家庭科とちがい、プロを目指した教育が行われています。
高等課程卒業者には卒業証書と大学入学資格証書が与えられます。
専門、高等課程とも毎年バスにて研修見学旅行があり、ファッションショー見学も毎年行われます。
学生作品展(文化祭)は手にとって見れる研修の場がないので毎年学生作品展を開催、卒業生、在校生及び、在校生の保護者等々に好評です