2018.10.01.
学生作品展のご案内
学生作品展
11月18日(日) 10:00~17:00 入場無料
恒例の食堂もあります。
ぜひ皆さま、お気軽にお越し下さい。お待ちしております♪
2018.07.24.
トキメキ仕事体験「ギャザースカートを作ろう!」にご参加予定の皆さまへ
8月9日(木)開講トキメキ仕事体験「ギャザースカートを作ろう!」にご参加予定の皆さま
当日の持ち物について、以下のものをご用意ください。
 ○筆記用具
 ○お弁当
 ○スカートの生地  
   120㎝幅 ( 作りたいスカート丈+10㎝ )×2 +10㎝

    (例) 58㎝のスカート丈 なら (58+10)×2+10=146㎝
お好きな生地をお持ち下さい。
ポリエステルが入っているものを選ぶと、シワになりにくいので良いですよ。

スカートに裏地を付けたい場合は、裏地もご用意ください。
 ○スカートの裏地  
    ( 作りたいスカート丈+5㎝ )×2
    (例) 58㎝のスカート丈 なら (58+5)×2 = 126㎝

洋裁道具につきましては、学校で全て用意しております。
分からないことがありましたら、学校までお気軽にご連絡ください。
学校までの道が分かりにくいと思いますので、迷いそうになりましたら、お電話下さい。
(アクセス→ http://www.kobeyosai.ac.jp/intro02.html )
それでは、お待ちしております!手作りの楽しさを、是非味わって下さい♪
事務局 (078)652ー0620
2018.06.07.
オープンキャンパスのご案内
7月31日(火)、8月6日(月) 13:30~16:00 
個別にじっくりと学校概要、授業内容、学費、進路等についてご相談頂けます。

保護者同伴もしくは、保護者のみのご参加も可能です。
個別相談となりますので、事前に予約が必要となります。
電話(078-652-0620)もしくはメール(info@kobeyosai.ac.jp)にてお気軽にお問い合わせください。
2018.06.06.
高等課程への編入をご希望の皆さまへ
高等課程ファッション技術科への編入学を希望される方は、事務局までお問い合わせください。
個別にご相談させて頂きます。電話(078-652-0620)メール(info@kobeyosai.ac.jp)
2018.06.06.
入学希望者のための個別相談会 受付中
入学希望者のための個別相談会を実施しております。
第2・第4土曜日  13:30~16:00 
個別にじっくりと学校概要、授業内容、学費等についてご相談いただけます。
保護者同伴もしくは、保護者のみのご参加も可能です。
個別相談となりますので、事前に予約が必要となります。
電話(078-652-0620)もしくはメール(info@kobeyosai.ac.jp)にてお気軽にお問い合わせください。
2017.06.01.
トキメキ仕事体験に参加される皆さまへ
スカートに裏地をつけない方が良いという方は、スカートの生地を選ぶ際、必ず透けない生地を選んで下さい。
ご不明な点などがございましたら、どうぞお気軽にお電話下さい。
2011.02.23.
平成23年度より技能連携スタート
平成23年4月より、八洲学園高等学校(通信制高等学校普通科)と技能連携を始めます。
この制度により、神戸女子洋裁専門学校に通いながら洋裁の専門知識・技術を修得すると共に、高校卒業資格も取得できます。
2011.02.13.
生涯学習講座のご案内
毎週土曜日 午後1時30分~4時 まで『ソーイング講座』を開講致します。
最初はスカートから♪デザインは自由です。お手持ちの生地をご持参下さい。
受講料1回 1000円(初日のみ 入会金 1000円)
ご質問等がございましたら、下記までご連絡下さい。
 お問い合わせページ→ http://www.kobeyosai.ac.jp/ask.html

地道にコツコツ技術を身につける。そんなマジメな学校です。

「素直」「勤勉」「誠実」を洋裁教育の柱として60年の伝統を持ち、デザイン、パターン、 ソーイング3部門の実力養成校と定評があります。
毎年、各地のファッションコンテストに専門、高等課程とも、仲良く入選、入賞しています。 ファッションコンテスト入選者には、入選デザイン画に合った本人の希望する入選作品制作用 布地が学校から贈与されます。
服飾デザイン指導担当のデザイナー中川眞知子は、 平成13年11月 大阪府知事よりデザイン振興表彰を受けました。

デザインをカタチにする技術

デザイン、パターン(作図)、ソーイング(縫製)、全てに責任をもてる技術者を育成。デザインを描く力と共に、それをいかにカタチにしていくか。
試行錯誤しながら様々なパターン、縫製技術を身につけていきます。

「理論先行→実践続行」型の教育

①理論を講義でしっかり学び、その後、②実際に自分の作品としてカタチにする。
単純なことですが、①→②をひたすら取り組み続けることこそが、技術定着への近道です。
そのため規定作品を数多くこなせるカリキュラムとなっております。

一人一台ずつ、ミシンが使えます

昔ながらの足踏みミシン、まだまだ現役です。ミシンの構造がよく分かります!針目の調整など、基礎をしっかり身につけられます。ミシンを走る音も、また格別ですよ。 もちろんコンピュータミシンも使います。

少人数制だからこそできる、最大限のサポート!

個別指導ですので、基礎から応用まで、個人の力を引き出しつつ、プロの道へと育てます。どのような職種に就きたいか、じっくり面談を重ねながら、その目標に向けて今すべきこと、どのような点に気をつけて技術を身につけていけばいいか、個人の性格・特性に合わせた、きめ細かい指導を行っています。

卒業後も変わらぬ、充実したサポート!

卒業生とのつながりがとっても濃いです。 卒業・就職後、結婚や出産で生活環境が大きく変化し、働き方も変えたいとき。家族の転居で再就職したいなど。色々な悩みごとにぶつかった時、いつでも学校に里帰りして下さい。

制服も自分たちで作ります!

高等課程は制服がありますが夏服(上着2着、スカート1着)、ベスト、コートは入学後本人制作。 その材料費は毎月納入の研修費(学費明細にあり)の中から支出されます。 学生本人のパターンを作図講義で習ったのを参考に、自分で作図し、布を裁断し、6月1日に夏制服を着用するので、その日に向けて 一人1台ずつミシンを使って作図理論・縫製理論・被服学・ デザイン学等、理論教科も同時に勉強しながら、 「自分の服は自分の手で」をモットーに制服 を作り上げています。 少人数でアットホームな雰囲気の中で、技能教育なので、教師の方も手取り 足取りと一人一人丁寧に、親切に指導しています。

コンテストでも好成績

1983年(昭和58年)より高等課程からも、神戸ファッションコンテストに入選、入賞また、同じ年の広島県福山ファッションコンテスト にも入選、入賞しました。両ファッション・コンテスト共、16才(両名共)の入選は過去にない最年少でした。 以後、毎年、専門課程共々入選、入賞しています。

技能連携制度

神戸女子洋裁専門学校は、八洲学園高等学校と技能連携を行っております。 この技能連携制度とは、本校に入学すると同時に、通信制高校 八洲学園高等学校にも入学することで、同時に二つの学校に入学・在籍するダブルスクールすることができる制度です。 本校の校舎で本校の専門教育を学びながら、八洲学園高等学校のスクーリング・レポートをこなし、卒業時に神戸女子洋裁専門学校と八洲学園高等学校、二つの卒業資格を取得することができます。 技能連携制度は選択制となっておりますので、卒業時に高校卒業資格も取得されたい場合は、面接選考の時に希望をお伝え下さい。

編入をご希望の皆様へ

高校をすでに退学された方、これから退学しようかお悩みの方で、神戸女子洋裁専門学校への入学にご興味がある方は、ぜひ個別相談会にご参加ください。    入学後、全く新しい教育環境に身を置かれることになると思います。今までのような集団教育ではございません。少人数制で一人一人のペースでじっくり技術の修得に取り組んでいただきます。 新しくリセットしていただき、専門教育にどっぷりつかって、最初から一歩ずつ、技術・学びを積み上げていきましょう。  → 個別相談会のお申し込み

募集要項

【昼間部・高等課程】

願書受付
2018年10月1日~翌年3月31日
出願手続
所定の入学願書に必要事項を記入し、選考料10,000円を添えて提出して下さい。
(卒業証明書又は卒業見込証明書、調査書を同時提出のこと)
入学許可
願書受付後、面接により選考し入学の可否を通知します。
[面接日:毎月第1・3土曜日  10:00~17:00]
最終面接日は3月31日
入学手続
入学許可書を受け取られた方は、許可書に明示されている日時までに入学金を添えて入学手続きをして下さい。
なお、期日までに入学手続きができない事由が生じた時は、(078)652-0620まで連絡して下さい。
※一旦納入した入学金・入学選考料は返還しません。
その他
教科書等の購入、通学定期券申し込み等については、別途通知します。
学費等明細
技能連携を選択した場合、八洲学園高等学校の入学金、授業料なども必要です。
  神戸女子洋裁専門学校 八洲学園高等学校
入学金 200,000円 10,000円
授業料 月額26,000円
(年額312,000円)
年額85,000円
校費(施設維持費・冷暖房費・その他) 年額72,000円
(毎月分納も可)
 
教材費(7割程度)
(ファッションショー、その他、研修費、遠足交通費、服飾手芸一部教材費)
[実施日・実施予算は入学式当日説明]
年額30,000円
(月額2,500円)
 
※寄付金は一切徴収致しません。

資格について

専門士称号
本校卒業生は文部科学大臣告示(平成6年文部省告示第84号)により専門士の称号が授与されます。
専修学校教育資格
(洋裁科)
本校専門課程専攻科を卒業後1年師範講習を受ければ高等専修学校教員資格を取得できます。
更に2年以上専門学校及び洋裁関連事業に勤務すれば専門課程の教員資格が取得できます。
目標資格
(財)日本ファッション教育振興協会の洋裁技術検定 (財)日本ファッション教育振興協会のファッションビジネス能力検定 (財)日本ファッション教育振興協会のパターンメーキング技術検定 (財)日本ファッション教育振興協会のファッション販売能力検定 文部科学省認定ファッションコーディネート色彩能力検定 販売士検定 カラーコーディネーター検定

スペシャリストを目指す!

デザインからパターン(作図)、ソーイング(縫製)までの責任をとれるデザイナーの養成を教育目標 とし、募集人員を少なく (学生寮なし)
「理論先行→実践続行」型の技能教育です。
一人1台ミシンを使って授業時間内(実技時間)で、自分がデザインした作品を制作しています。
入学すれば退学する学生はありませんので、授業料は毎月納入で宣伝より教育内容の充実に尽力しています。

コンクールについて

高等課程からも1983年(昭和58年)よりファッション・コンテストに入選者を出しておりますが、 専門課程からは毎年各種ファッション・コンテストに入選者を出し、デザイン画から作品制作まで の実力を養うことにしています。

卒業生の進路

専門課程2年終了者は、ファッション・コーディネーター、ファッション・アドバイザー等の ファッション・ビジネス関係の職種及び製造部門のパターンナー(作図)、オペレーターのリーダー 等、好きな方向に進路をとり、ファッション・デザイナー、専修学校教員を目指す者は専攻科(3年) に進みます。(本校学生は日本育英会奨学金も3年間受けられます。)

就職先企業一例

ワールド系企業 三愛 リリーKK アクトワン ヒサイチ ローブニシジマ キャサリンロス
神港ドレス テラオ服装 大阪光洋 多か乃 トップソーイング ㈱西友 マキインテリア 宝塚舞台

学生の声

本学の専門課程入学者は、次のような希望を持って入学してきています。
ファッションデザイナー、ファッションアドバイザー等の仕事を続けられるように勉強する。
自分の手でウエディングドレスを作って結婚をする。(1年生でも結婚する場合は作れます)
家庭生活の中で生かせるよう勉強する

募集要項

【昼間部・専門課程】

願書受付
2018年10月1日~翌年3月31日
出願手続
所定の入学願書に必要事項を記入し、選考料10,000円を添えて提出して下さい。
(卒業証明書又は卒業見込証明書を同時提出のこと)
入学許可
願書受付後、面接により選考し入学の可否を通知します。
[面接日:毎月第1・3土曜日  10:00~17:00]
最終面接日は3月31日
入学手続
入学許可書を受け取られた方は、許可書に明示されている日時までに入学金を添えて入学手続きをして下さい。
なお、期日までに入学手続きができない事由が生じた時は、(078)652-0620まで連絡して下さい。
※一旦納入した入学金・入学選考料は返還しません。
その他
教科書等の購入、通学定期券申し込み等については、別途通知します。
学費等明細
技能連携を選択した場合、八洲学園高等学校の入学金、授業料なども必要です。
入学金 200,000円
授業料 月額30,000円
(年額360,000円)
校費(施設維持費・冷暖房費・その他) 年額150,000円
(年4回分納も可)
教材費(7割程度)
(ファッションショー、その他、研修費、遠足交通費、服飾手芸一部教材費)
[実施日・実施予算は入学式当日説明]
年額18,000円
(月額1,500円)
※寄付金は一切徴収致しません。

就職について

神戸女子洋裁専門学校は少人数制の学校ですので、一人一人じっくり丁寧に指導しております。
どのような職種に就きたいか、じっくり面談を重ねながら、その目標に向けて今すべきことは何か、どのような点に気をつけて技術を身につけていけばいいか、取得すべき資格など、卒業時に希望通りの就職ができるよう、個人に合わせた就職指導を行っております。
また学生の性格や個性から、その学生にとってずっと働き続けられそうな職種、企業を紹介し、アドバイスしております。卒業生が就職している会社を紹介しておりますので、働くことに不安を抱く学生も安心して就職しております。

本校の主な就職進路

  • ☆企画・マーチャンダイザー・パタンナー
  • ☆アパレル縫製
  • ☆サンプル縫製
  • ☆洋服のリフォーム・お直し
  • ☆舞台衣裳・デザイナー
  

Y.Nさん (株式会社 宝塚舞台)

  宝塚歌劇が大好きで、宝塚歌劇衣裳部に入りたいという夢を叶えるため、就職実績のある神戸女子洋裁専門学校に入学しました。洋裁は全くはじめてで心配していましたが、基礎からわかりやすく教えていただき、少しずつデザイン通りに完成させる力がついていきました。無事に、宝塚舞台衣裳部から内定を頂くことができ、本当に夢のようです。

  

O.Hさん (ワールドインダストリーファブリック岡山技術研究所)

  将来を考え、技術を身につけたいと思い、神戸女子洋裁専門学校を選びました。アットホームな雰囲気で、先生たちの教え方がわかりやすく、少人数なので自分のペースで学べて洋裁が大好きになりました。どんどん作品ができあがる中、技術が上達していくことで、自分にも自信が持てるようになりました。   このたび、第1志望のワールドインダストリーファブリック岡山技術研究所から内定を頂きました。残りの学生生活で、できるだけ自分の服を作っておこうと思います。
  

K.Tさん(ハウステンボス歌劇団)

 舞台衣裳のデザイン、製作の仕事をしています。普段着る服とは違う特殊な服を作っているので工夫が必要ですが、とても楽しいです。一から衣裳を製作することもあるので学校で勉強した洋裁の技術を生かして頑張っています。

企業の皆様

本校は、「自分の服から、自分で作ろう!」をモットーに、デザインをカタチにする、確かな技術の修得に力を入れております。 デザインし、パターンをひき、デザイン通りに作りあげる、即戦力の人材を育成しております。

平素は、本校卒業生の就職につきまして格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。 御蔭様で、服を作る仕事がしたい!という熱意を持って入学してきた学生達が無事に夢を叶え、学窓を巣立ち、実社会の各専門分野で活躍させていただいております。これもひとえに皆様方のご理解とご支援の賜物と卒業生ともども深謝申し上げる次第でございます。今後共、服飾産業に携わりたい!服作りがしたい!と熱意ある学生たちの巣立ちに、ご理解とご支援を賜りますよう何卒よろしくお願い申し上げます。

新卒求人だけでなく、中途求人(卒業生対象求人)も承っております。 卒業生のご紹介をさせて頂きますので、就職担当までお問い合わせ下さいませ。

お問い合わせ先
神戸女子洋裁専門学校 就職担当 宛 job@kobeyosai.ac.jp
〒653-0022 兵庫県神戸市長田区東尻池町2丁目5番19号
TEL:078-652-0620   FAX:078-652-0622

学校の先生方へ

本校は、神戸の地で69年にわたり、デザイン、パターン(作図)、ソーイング(縫製)まで、全てに責任をもてる技術者を育成しております。

「素直」「勤勉」「誠実」を校訓とし、少人数制の特性を生かして、一人一人丁寧にじっくり指導することで、個人の性格・特性を見極めながら、プロの道へと導いております。また、保護者との連携を密にし、卒業後、長く働ける就職先を紹介させていただいております。

今までの集団教育ではなく、全く新しい少人数制の環境。そして、専門教育を全く初めての状態からスタートしていただきます。今まで勉強が苦手だった方、不登校だった方も、今までの勉強はリセットしていただき、一から新しく積み上げていって頂きますのでご安心ください。 発達障害の方も、個人の特性を見極めながら、指導し、就職先を紹介させていただいており、今まで入学された方も、無事に巣立っております。

何かご不明な点等がございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

卒業生の皆様へ

卒業生の皆さん、お元気でいらっしゃいますか。
「アットホームな校風で、まるで第二の家族のようだ」と皆さんに言って頂けるのが本校の誇りです。
卒業後も変わらず皆さんを支えていきますので、何かありましたら、いつでもすぐに相談して下さいね。

☆転職・就職をお考えの方    学校へお電話下さい。 授業中ですと対応が難しいので、なるべく午後4時以降にお願いしますね。

☆奨学金の返還についてのご相談 卒業後、手続き等で何か困ったことがありましたら、気軽にお電話下さい。 ☆その他、なんでもござれ!! いつでも気軽に里帰りして下さいね。お待ちしております。 今後皆様の益々のご活躍を心よりお祈りしております。

神戸女子洋裁専門学校 教務課 職員一同
〒653-0022 兵庫県神戸市長田区東尻池町2丁目5番19号
TEL:078-652-0620   

お問い合わせフォーム